MENU

【2022続報】沖縄に漂着した軽石はどうなった?最新状況をまとめてみた

当ページのリンクには広告が含まれています。
ビーチの軽石

こんにちは、manaです。

2021年11月に沖縄南部を訪れた際、軽石の漂着状況をブログに書きました。

2021年8月に、東京都小笠原諸島沖の海底火山「福徳岡ノ場」が噴火した際に噴出した軽石が、沖縄に流れつきニュースになりました。

あわせて読みたい
【2021年秋】沖縄の軽石の漂着場所を実際に見てきた感想をまとめてみた こんにちは、manaです。 やっと緊急事態宣言があけた11月月初、沖縄へ旅行に行ってきました。 コロナウィルスが流行して約2年、ホテルを予約してはキャンセルを繰り返す...

噴火から6ヵ月、2022年2月

今度は、本当をもう少し北上した恩納村を訪れる機会があったので、その最新状況をお伝えします。

目次

【2022続報】沖縄に漂着した軽石はどうなった?最新状況をまとめてみた

私が行った2月中旬は、天気が悪い日が続き雨が降ったり降らなかったり…

そんななか今回訪れたのは、恩納村にある「いんぶビーチ」

2019年にハレクラニ沖縄がオープンした付近で、今は再開発中とされている場所です。

シーズンオフのビーチの様子は?

2月の沖縄、もちろん海遊シーズンではありません。

私が訪れた日は雨が降っていたこともあって、ビーチを歩く観光客はひとりもいませんでした。

いんぶビーチ

海岸には若干の漂着が見られます。

でも、昨年11月に見た沖縄南部の「美々ビーチ」に比べると明らかに少ない。

波打ち際

海面を漂っている様子は、パッと見たかぎりまったくわかりませんでした。

いんぶビーチ自体が再開発中のため、シーズンになっても人が訪れる可能性は低そうですね。

ホテルから見た海の様子

チェックイン初日、天候は曇り。

ホテルの部屋から海を見るかぎりは、漂っている様子は感じ取れません。

曇り空ながらも、沖縄らしい海が広がっていて癒されます。

ハレクラニからの景色

滞在2日目は雨。

ホテルから見える海は、もともと岩も多そうです。

意識してよくよく目を凝らしてみても、素人には通常の穏やかな沖縄の海にしか見えませんでした。

透明な波が打ち寄せ、波打ち際にも何も残ってないようにみえました。

昨年と違っている部分を発見!

昨年11月に沖縄南部に訪れた時と大きく違っている点を発見しました!

那覇市内から恩納村に向かうバスの中から、その様子を見ることが出来ました。

車窓

それは、大きなビニールのぐるぐる巻きが、海岸に積み上げられている点です。

打ち寄せられた軽石をまとめたものです。

バスの窓が青味がかっていたので写真では伝わりにくいかもしれません。

牧場にあるぐるぐる巻きのサイレージ、、、あんな感じにも似ています。

「いんぶビーチ」も、ビーチから少し離れた人目に付きにくいところに…

ふくろ

たぶんこれ、そうですね。

企業団体やボランティア活動によって、ビーチをきれいにしようという動きが大きくなっている証拠ですね。

これからの遊泳シーズン、どうなるの?

私が訪れた2月はとても寒い日でしたが、沖縄は毎年3月には海開きです。

ビーチが賑わうのも、もうすぐですね!

ハレクラニ沖縄のスタッフ曰く、軽石の漂着状況は日によって様子が違うそう。

遊泳シーズンまでになくなっているとも言い切れないんだそうです。

ハレクラニのボート

私が滞在中の「いんぶビーチ」の軽石は、砂浜の隅のほうにほんの少し程度に感じました。

自然由来のものなので、潮の向きや風向きなども関係します。

完全になくなってはいないけれど、企業団体やボランティアの取り組みによって夏までにはだいぶ減るのかな…といった印象です。

「いんぶビーチ」は、現在再開発のため遊泳禁止です。

私が訪れたときは開発工事などはされておらず、ただただ静かなビーチでした。

天気の良い日に散歩したら気持ちよさそうです。

暖かくなったら開発を再開するのでしょうか。

状況確認できる取り組みのひとつを紹介

【一般社団法人 沖縄マリンレジャー事業団体】のホームページでは、軽石の状況を毎日投稿しています(2022.2現在)。

私が「いんぶビーチ」を訪れているころ、そこから車で数分のところにある「喜瀬ビーチ」は軽石が多めとの情報がありました。

海岸の地形、ビーチの向き、潮の流れなどの影響でしょうか。

同じ恩納村でも違いがあるようです。 

このような取り組みによって、その場にいなくても状況を知ることができるのは便利でありがたいですね。

ちなみに…小浜島の様子

私が沖縄へ行った約一ヶ月後、同じ沖縄県の小浜島へ旅行に行った友人がいます。

本島から約400kmほどの小浜島は、海岸に軽石が打ち寄せている様子もなく影響は感じられなかったとのこと。

3月に入って気温も高くなり、青々とした沖縄らしい海が広がっていました。

間もなくやってくるハイシーズンが楽しみですね(^^)

まとめ

軽石の最新情報、いかがでしたか?

沖縄県民ではないので、毎日の様子を知ることはできませんが、地元の企業団体やボランティア活動によって着実に軽石が取り除かれていることがわかって、とても温かい有難い気持ちになりました。

以前訪れた「美々ビーチ」も、昨年12月にボランティアによる軽石撤去作業が行われたそうです。

海を守ろうとする取り組みは間違いなく大きくなっていることを実感しました。

海の安全・生態系が保たれ、漁業への影響がないことを願います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい
【2021年秋】沖縄の軽石の漂着場所を実際に見てきた感想をまとめてみた こんにちは、manaです。 やっと緊急事態宣言があけた11月月初、沖縄へ旅行に行ってきました。 コロナウィルスが流行して約2年、ホテルを予約してはキャンセルを繰り返す...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次